子供の頃は地面ばっかり見つめてBB弾探して拾ってたな
もうそんなのどこにもなくなっちゃったな
思い出の中に置き去りにされたセカイ
早く追いついておいでよ
いつまでだっていつまでだって忘れられなくてここで待ってるから
ひとを信じることがいつのまにかできなくなっていて
笑うだけで苦しいな
あの日掴んだ水色のBB弾はいまもだれかの宝物なのかな
空ばっかり見てたって落としてきた宝物に気付けないんだよ
飽きることもなく遊んでたのに
いつからそれが面倒と思うようになったんだろう
生まれたまち、育ったまち
知らない場所に冒険に出かけるのはなんて楽しかっただろう
笑い声声声声
かなしいよるに眠れなくなったのもいつからかな
隣とすれすれの生活でいつもあたたかかったのはいつだったっけな
せんせいありがとう
テレビをつけたまま眠っていたみたいで
なんだか夢を覚えていないや
嘘を見抜くことばかりうまくなって
このせかいすらも疑えって聞こえるんだ
ぼくが暮らした時間はどこ
なんでないの?
うしろばっかり見てるからつまづいてしまうんだって知ってるよ
いたい痛い痛いいたいいたい
こんなセカイで笑ってよ
ここが僕らの世界だろ