蝉の鳴き声が途切れる
その束の間に色々なことを考える
昔のこと
これからのこと
楽しかった日々はもう過ぎてとうに過去になっていたけれどそれでも思い出しているのは今現在それに違いないね
過去と今がリンクしている
その瞬間だけぼくはあの日々にいる
いつまで経っても変わることない幸せな日々
戻りたいなんてもう願わないから
お願いだから薄れないで
ぼくから遠く離れていかないで
もう誰もいなくならないで
そして歩いていくはずだった道は
いつか見えなくなって
それでも迷わずに歩いていけたら
もうなにもいらないと思うのです
そう思うと蝉は鳴き始めて
また夏がやってきた
1番好きな季節
1番嫌いな季節
出会いも、別れも、いつも夏だった
いつだって全部ひと夏の夢だった