きっと行かないでって言ったとしても 
みんな前を向いて戦っていくんでしょ? 
弱いぼくにならないで

崩れちゃうくらい羨ましいんだ 
誰もが光輝いて 
時に汚れて、だけど綺麗で 
そんな世界が

もう泣きたくて泣きたくて 数えきれないよ
もう生きたくて死ねなくて 数えきれないよ

ぼくはここにいるよ
ぼくを見て
忘れないで

生きてく意味も死ぬ意味も
そんなの探さないで
逃げたくならないように

逃げてしまったぼくが
いつかまた舞台に上れたら
またこの教室で