__

ねえどうして誰もぼくを認めてくれないの
ねえどうしてぼくはぼくを認められないの
ねえどうして
どうしてどうしてどうしてどうしてどうしてどうしてどうしてどうしてどうして
どうして
ぼくはぼくのままで誰かに認めてもらいたかった
ただそれだけで生きていけるような気がしてたのに
今のぼくはだめらしい
昔のぼくならよかったみたいだけど
そんなん言われたってぼくだって昔のままでいられたらよかったと思うさ
だからとてもとても悔しいのです
今のぼくにそれでじゅうぶんだよ、って言ってくれる人はどこにもいない
そうだよなだって
ただ生きてるだけだもんなあ
でもこれで精一杯なんだよ、そんなぼくを認めてほしいよ
ふとしたら死んでしまいそうなのを
がんばってがんばってギリギリで生きてるんだけどなあ
そんなのぼくになってみなきゃわからないか
他人にはわからない
だからだれもぼくのことは認められない
ぼくが精一杯だなんて信じてない
あれをやってみろ
これをやってみろ
もっとこうしたほうがいいんじゃないか
うっせーな
そんなんできねーんだよ
もうすでにいっぱいいっぱいで
かろうじてきみに助けを求めてるんだよ
それをさ
あーだこーだ言われたって
ぼくにはどうすることもできないんだよ
だからイライラする、きみにも、自分にも
ただ寂しくて構ってほしいとかだったら連絡なんかしないよ
ほんとに
そんなんじゃなくてさ自分を見失って死んでしまいそうだから話がしたいってそう思って
でもさすがにそんなこと言えないから構ってって言ってるだけだよ
ただの構ってちゃんみたいに言うなよ
それでなにがひと工夫だよ
んなもんできるわけねーだろ
なにもわかってない
ぼくが話さないから悪いんだよね
そんなの知ってる
ぼくの心はもっと別の場所にある
探してみて
ううん
探さなくていいや
ぼくが思ってることなんて
まあ大したこと思ってないしな
こんなぼくはさ自分本位って言われちゃうね
もういいそれでいいよ
いろんなこと考えてるんだけどなあ
伝わらないんじゃなくて伝えようとしてない
そういうことだろ
ほんとは
すこしずつ伝えてるつもり
時々SOS
でもだれも気づかない、ぼくの話なんかろくに聞いてもいない
おかあさんたすけて
みんな自分のことに夢中
だれもそんなもんだよね
ぼくだってそうさ
でもぼくはきみのSOSには
必死で対応してるつもりだけどさ

きみはぼくに嘘ばかりつく
ぼくを遠ざけるための嘘
ほんとうはぼくなんかいらないって聞こえる
たまたまぼくだっただけ
それはいまも変わらなくて
都合の悪いぼくは見て見ぬ振り
やっぱりぼくが病気だからいけないめんどくさい?
ぼくだってなりたくてこの病気になったわけじゃないよ
治りたい治りたいのにまだ痛むんだ
もう嫌だよこんな毎日
この病気になってたくさん大切なものを失った
かけがえのないものばっかり
ぼくからいったいどれだけ奪えば気がすむの?
もうやめて、!!!!、!!、、、!
ぼくは失くしたくない
だから自分の気持ちなんてこれっぽっちだって言いたくないのに
言葉がどんどん溢れてきちゃうんだ
ぼくの並べた言葉を見たら
きみは嫌気がさすだろ?
だれにも受け止めてもらえない
そんな運命なんだね
だからひとりで生きていかなくちゃいけないのかもしれないね
周りが羨ましいや
だれかと泣いて笑えるなんて
ぼくだってそうやって生きていきたいよ
たいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたい

ぼくのことなんてどうでもいいんだろって思ってしまう
態度態度態度
もう嫌だよ忘れられてしまうのは
あの子はまだ忘れられていないのに
ぼくを忘れないで
もっと覚えて
ここから救ってよ
あの人の優しさが嘘だってことぼくは知ってる
頼りにできるのはきみだけ
でもそんなきみの本心がぼくにはわからないよ
不安になる
代わりは他にもたくさんいるね
ぼくの代わりもきみの代わりも
でもそれでもぼくはきみを選ぶよ
きみはどうかな
なんてそんなん聞けないよなあ
ぼくはきみに伝わらなくてもいいと思ってる
あの子になりたいや
ぼくのほしいものをすべて持ってる
キラキラして見えるから
ぼくには捨てられないものも捨てて歩いていける
羨ましいんだ
敵わないよぼくの負け
ほんとは意地でも負けなくないんだけれどなあ
悔しい
ぼくはぼくのままじゃ生きていけない
ぼくを誰かに認めてもらわなきゃ
呼吸もできないや
ねえぼくを受け入れてくれる?
愛してくれる?

↑このページのトップヘ